野球と相撲は違った味のある日本のスポーツ観戦です

私の趣味は、野球と相撲の観戦です。

自分では、ほぼ体験不可能なスポーツだからこそ、観戦することが楽しいです。

野球の場合、球場に行き、メガホンとビール片手に他の観客と一緒になって騒ぐタイプです。

全く知らない人とでも、同じ球団のファンならば間違いなく仲良くなれます。

応援歌を大声で歌い、相手球団に得点が入れば皆で落胆し、応援球団の選手が活躍すれば
大騒ぎで喜びます。

正直、日常生活の中でここまで大騒ぎし、大声を出せる環境はほとんどありません。

知らない人と一丸となって、何かをすることもまずないでしょう。

その体験をできるのが、野球場です。

野球のルールを知らなくても、ファンと一緒に球場に行けば、いつの間にかルールは覚えるし、きっとその球団のファンになっていることでしょう。

球場に行かなくても、家のテレビでの観戦も球場とは違った味があります。

球場では観られない角度や距離で試合を見ることができ、野球解説者の話を聞きながらの観戦もいいものです。

相撲に関しては、生でまだ観戦したことはありませんが、テレビでも十分に楽しめるスポーツです。

日本で生まれたもので、大きな男が体をぶつけて闘う姿が良いですね。

ボクシングのように、勝敗がつくまでに時間がかからず、短ければ一瞬で勝負がついてしまう世界です。

目を離すことができない素晴らしい戦いだと、私は思います。

日本の特に女性がもっと相撲に興味を持ち、相撲観戦を楽しんでくれれば、相撲界がきっと盛り上がることと思います。

野球と相撲では少し違う世界ですが、どちらも味があり、本当に観戦を思いっきり楽しめます。

ちなみに、野球と相撲のどちらも大汗をかくので、加齢臭対策サプリメントは手放せないかも知れませんね。