浅田真央さんの引退に思ったこと

ここ数日の話題といえば、もちろん”浅田真央さん引退”ですね。

私は、浅田真央さんがシニアデビューをする少し前から、ニュース番組で特集されていたのを見て、なんてくったくがない子だろうと思いました。

それから間もなくして、ジュニアの選手として国際大会で1位になり、そこから全国的な人気者になったと思います。

つまり、私は浅田真央さんがブレイクする少し前から、知ることができたというわけです。

ジュニアの試合すべてで1位になった次のシーズンに、シニアの試合でデビューしましたね。

年齢制限によって出場できない試合がいくつかあり、そのひとつがオリンピックでした。

あのときは、浅田選手を特別に出場させてほしいと世間が騒いだものです。

今思うと、その当時のことがとても懐かしい思い出です。

しかし、あの真央ちゃんが腰や膝を痛めて、それがもう限界にくるまでがんばっていたとは・・・。

ご本人はそういうことはいっさい言わないですが、コーチやその他の関係者がコメントしている記事がどんどん出てくるので、それを目で追っては泣いています。

ツイッターを見ると、ファンの人達の嘆きやこの先の幸せを祈るつぶやきにあふれていて、これもまた泣けてきます。

でも、真央さんの晴れやかな表情の記者会見を見て、やっと涙がおさまりました。

本人はつねに前を見ていることがわかったからです。

そこには、体が痛んでいるから辞めざるをえないという、ネガティブな雰囲気はいっさいありませんでした。

これからは、真央さんが出演するアイスショーにもファンが集まるでしょうし、逆に試合を見に行く人が減るのではと思います。

早く次のスター選手が出てくるといいのですが、なかなか浅田真央さんのような選手は、今のところまだ育っていないようですね。

ちなみに、浅田真央さんは色白ですが、これからは飲む日傘サプリの日焼け止めも考えないと、お肌が大変なことになりますよ。

 

 

季節の移り変わりとダウンジャケット

ダウンジャケットをしまう時期が、やっとやってきました。

毎年冬が近くなると思い浮かべるのがダウンジャケットですが、肌寒くなったと感じたら嬉々として冬支度を始めるのが恒例でした。

冬は夏に比べると、私は体温調節がしやすいので好きです。

夏が似合わないという自負もありますが、夏は身に着ける衣類を少なくしなければ、太刀打ち出来ないというデメリットがあります。

冬に近づくのと比例して重ねて着る衣類が増えますが、それもまた楽しいです。

私は基本的に茶系統が多いので、それと相性が合う色の衣類を重ね着するのが習慣になっています。

ダウンジャケットの性能にもよりますが、一枚あるとおそろしい量の衣類を重ね着するよりも少なくてすみます。

外出時にニットの上にダウンジャケットを着てしばらく歩いていると、体がポカポカと温まってきます。

欠点は、他の上着やコートが着られなくなるという事ですが、寒い時は馬鹿の一つ覚えのようにダウンジャケットを着ています。

お洒落に気を遣う人達からすると真逆に見えるかもしれませんが、暖かく過ごせる心地よさに勝るものはありません。

寒さが和らいでダウンジャケットが不要になったと感じたら、しぶしぶとしまいます。

そう考えると南極か北極で暮らすか、年中気温が低い国で暮らすしか選択肢がなくなりますが、それはそれで困ります。

冬の季節の長所は、春を待ちながら過ごせる所だと思うからです。

ファッションはともかく、道端に咲くタンポポを発見したり、桜のつぼみが日に日にふくらむのを眺めるのは楽しい事です。

春の暮らしは創意工夫が必要になりますが、日本人の醍醐味があります。

来年の冬はダウンジャケット以外も、ファッションに活用したいと思います。

ちなみに、冬の時期に着倒したダウンジャケットをしまう場合は、汗を吸って臭くなっているのでクリーニングに出すようにしています。

すると、ダウンジャケットのふかふかも蘇って、臭いもないので快適に着れます。

私の口臭もクリーニングに出せたら、臭いもなくなるのにと思ったりしています。

 

 

もっと健康的な生活をするために

ついつい崩れ勝ちな生活リズムと、やっちゃいがちなのが暴飲暴食ですよね。

あんまり良くないって、わかっているんですけどね。

夜更かししがちな原因は、昼間の時間が十分に充実していないと感じているからと、どこかの誰かが言っていたけれど、なるほどわかるような気がします。

もう1日が終わってしまう、あれもやらなきゃこれもやらなきゃという感じで、ついつい夜が遅くなってしまうことってあります。

あとは趣味をやり足りなくて、眠るのが遅くなってしまうこともありますね。

例えば今日観ようと思っていたDVDがまだほとんど観れてなかったり、予定通りは観ていたとしても、もっと続きが観たくて…それで夜更かししてしまうというパターンです。

これは結構、身に覚えがある人って多いんじゃないでしょうかね。

少なくとも私の場合は、残念なくらいに身に覚えがあり過ぎますよ。

とまあ、こんな感じで振り返ると、昼間の時間に充実感をしっかり得てないから、夜更かししがちっていうのは合っているように思うのです。

じゃあどうするかっていう話になるんですけど、ここがなぁっていう感じです。

いや昼間のうちにもっとチャキチャキとやれば良いのはわかるんですけど、これを改善するっていうのが、なかなか難しいことだなぁって思います。

もう1つのよくある対処法としては、夜の時点で充実感が足りてなかったとしても、早寝して早起きすれば良いというものです。

しかし、早朝にそれをやれると自分に言い聞かせるタイプの違いがあると思うんです。

私の場合、これもイマイチなんですよね。

なので、ある雑誌で読んだ葉酸サプリを飲んでみようと思っています。

葉酸サプリって、別に妊婦さんが飲むだけじゃなくって、普通の人でも女性の体の栄養補給や美容効果などで飲んでいる人が多いそうです。

それで今は、ママニックとベルタでおすすめはどっちが良いかで迷っています。

 

 

今シーズンの家庭菜園に向けての準備も体の調子がいい!

数年前まで夏場の乾燥が激しかった我が家のベランダでしたが、ここ数年は無理矢理家庭菜園を作ったせいかだいぶ落ち着きました。

盛夏でもキュウリ棚の下、ちょっとした夕涼みも出来る様になりました。

毎年秋口から冬にかけての枯れ葉や、古くなった用土の処理で忙しくなってしまうものの、翌年の野菜が育つ環境作りの為には重要な事。

今年も年明けから動き始め、今日はひび割れてしまったプランターを新品に買い替えると共に、春に種を蒔く野菜のチョイスをしに行きつけのホームセンターに行って来ました。

夏野菜の定番と言えばキュウリで、特にベランダ特有の強い直射光を遮る為には是非必要な種類。

いつもは春に苗を数本買って来るのですが、今回は思い切って種から育ててみようと強健そうな品種を選び購入してきました。

また実だけでなく、株の香りもフレッシュなトマトも今年は数種類育ててみる予定。

ただ一旦実が着くと大変目立ち易く、カラスの襲撃を防ぐ為に何らかの手立てを打たなければならないでしょう。

あれこれ考え種やプランター、用土を選んでいるうちに1時間近く経過してしまい、素早く会計を済ませ、車に積込み帰宅しました。

帰宅しホッと息を付こうとしたのですが、そこで新たな問題が目に入って来ました。

視線を下ばかりに移していて気が付かなかったのですが、肝心な蔓を這わせる棚自体がかなり古くなっていました。

所々クイックタイが脱落し、掛け替えが必要な状況となっていたのです。

むしろこちらの問題を早く片付けるべきで、また翌週には資材を買い出しに行かなければならない様です。

でも、藍の快調サポートっていうサプリのお陰で体の調子も良いので、本当に助かっています。

最初は、どうしても半信半疑で、藍の快調サポートは効果なしなんじゃないの?なんて思っていたら、意外や意外で私の体に合ってたようですね。

 

 

野球と相撲は違った味のある日本のスポーツ観戦です

私の趣味は、野球と相撲の観戦です。

自分では、ほぼ体験不可能なスポーツだからこそ、観戦することが楽しいです。

野球の場合、球場に行き、メガホンとビール片手に他の観客と一緒になって騒ぐタイプです。

全く知らない人とでも、同じ球団のファンならば間違いなく仲良くなれます。

応援歌を大声で歌い、相手球団に得点が入れば皆で落胆し、応援球団の選手が活躍すれば
大騒ぎで喜びます。

正直、日常生活の中でここまで大騒ぎし、大声を出せる環境はほとんどありません。

知らない人と一丸となって、何かをすることもまずないでしょう。

その体験をできるのが、野球場です。

野球のルールを知らなくても、ファンと一緒に球場に行けば、いつの間にかルールは覚えるし、きっとその球団のファンになっていることでしょう。

球場に行かなくても、家のテレビでの観戦も球場とは違った味があります。

球場では観られない角度や距離で試合を見ることができ、野球解説者の話を聞きながらの観戦もいいものです。

相撲に関しては、生でまだ観戦したことはありませんが、テレビでも十分に楽しめるスポーツです。

日本で生まれたもので、大きな男が体をぶつけて闘う姿が良いですね。

ボクシングのように、勝敗がつくまでに時間がかからず、短ければ一瞬で勝負がついてしまう世界です。

目を離すことができない素晴らしい戦いだと、私は思います。

日本の特に女性がもっと相撲に興味を持ち、相撲観戦を楽しんでくれれば、相撲界がきっと盛り上がることと思います。

野球と相撲では少し違う世界ですが、どちらも味があり、本当に観戦を思いっきり楽しめます。

ちなみに、野球と相撲のどちらも大汗をかくので、加齢臭対策サプリメントは手放せないかも知れませんね。

 

 

私の使い捨てホッカイロの活用法

毎日寒い日が続いていると、外出するときにはコートだけでは防げない程の寒さってありますよね。

女性の方は特に多いと思いますが、冷え性だったりすると自身で熱を作ることが難しく、ホッカイロなんて使用していたりしませんか?

貼るタイプや貼らないものもありますが、いまでは電子レンジで繰り返し使えるようなものも少しずつ増えてきていますよね。

ただ、わたしは衣類に貼るタイプのモノの方が直に温かいような気がして手放せなくなっています。

結果として、延々と使い捨てのホッカイロを使用しているばかりになっています。

そんな中で、使い終わってしまった冷えているカイロ、そのまま捨てるだけしかないのかと思い考えていると、わたしのように勿体ない病の人間には嬉しい使い道を見つけました。

それは、靴の消臭剤としての機能です。

使い捨てカイロには活性炭が含まれているので、脱臭効果が期待できるそうです。

使い方は簡単で、冷えて固まったカイロを少しほぐしてやったあとに、靴にそのまま入れるだけです。

この時期はサラリーマンや営業マンの靴だけではなく、女性はムートンブーツやブーツをはくのでそういった面にも気にかけたいですよね。

温かいカイロもまた違う使い方もあり、一昨年あたりから話題になりだしたホッカイロでのダイエットが有名ですよね。

女優さんやモデルさんもやっていることで有名になりましたが、身体のおへそ下ほどに貼るカイロをするだけで痩せるという、夢のようなダイエット方法ですね。

これは、下腹部に貼ることによって交感神経が刺激されることとなり、基礎代謝があがるという効果があるそうです。

夏にやるのは難しいですが、寒い冬にはもってこいのダイエット方法ですよね。